Skip to main content

 

アプリケーションの開発

 

 

OutSystems

アプリケーションの開発

OutSystemsアプリケーションを複数のモジュールで構成し、それぞれに特定の用途やコンセプトを実装することができます。

小規模なアプリケーションから始める場合も大規模なアプリケーションから始める場合も、アプリケーションの管理しやすい状態を維持して拡張に備える必要があります。モジュール設計を実現してロジックの繰り返しを避ける方法については、「再利用とリファクタリング」セクションをご覧ください。

リアクティブ、モバイルおよび従来のWebモジュール

リアクティブ、モバイルおよび従来のWebモジュールは、特定のユーザープロセスをサポートするUIフロー、画面、ブロックなどのUIインターフェイスを実装する場所です。そのユーザープロセスに直接関連するロジックも実装できます。

サービスモジュール

サービスモジュール では、懸念事項の分離を適用したり複数のアプリケーションで再利用できるコアサービスをカプセル化したりし、ビジネスコンセプトまたはビジネスに依存しないサービスを抽象化してフレームワークを拡張することができます。

ライブラリモジュール

ライブラリモジュール(またはライブラリ)を使用してデータベースに依存しないロジックやUIパターンをカプセル化することにより、開発インフラ内でこれらの要素を再利用しやすくなります。

エクステンションモジュール

エクステンションモジュール(またはエクステンションのみ)を使用してエンタープライズシステムと連携し、OutSystemsの既存の機能やデータモデルを拡張することができます。詳細については、「独自コードでロジックを拡張する」をご覧ください。

このセクションの記事