Skip to main content

 

OutSystems 11オンラインヘルプ

 

モバイルアプリが対象
OutSystems

モバイルアプリストアに向けたモバイルアプリの生成・配布

開発のある時点で、モバイルアプリが本番稼働可能となり、エンドユーザーに供用できる段階になったとします。本番稼働可能なモバイルアプリを配布する方法のひとつが、一般ユーザー向けのモバイルストアで提供することです。

OutSystemsでは、開発したモバイルアプリのモバイルアプリケーションパッケージを生成して、App StoreおよびGoogle Playストアでパブリッシュすることができます。Apple Enterprise Developer Programに登録している場合は、App Storeを経由せず社内のエンドユーザーにモバイルアプリを配布する必要があります。

iOS用

Apple Developer Programに登録している場合は、App Storeでのみアプリのパブリッシュが可能です。

Apple Enterprise Developer Programに登録している場合は、In-Houseプロビジョニングプロファイルを使用して、アプリのリリース版(デバッグ情報なし)を生成することができます。ただし、アプリの配布は自ら行う必要があります。これにあたっては、インストールリンクまたはアプリパッケージ(IPA)そのものを送信するか、企業内ストアまたはMDM(モバイルデバイス管理)ソリューションを利用します。

はじめに

iOSモバイルアプリのリリース版を生成するには、以下の条件が求められます。

  • Apple Developerとしての登録が必要です。未登録の場合は、Apple Developerとして登録する方法をご覧ください。

  • また、Apple Developerアカウントで生成・構成された証明書が必要です。証明書の具体的なタイプは、登録している開発者プログラムによって異なります。
    — Apple Developer Programの場合はApp Store and Ad Hoc証明書
    — Apple Developer Enterprise Programの場合はIn-House and Ad Hoc証明書
    証明書がない場合は、証明書を作成する方法をご覧ください。

  • 登録している開発者プログラムに応じたプロビジョニングプロファイルが必要となります。
    — Apple Developer Programの場合はApp Storeプロビジョニングプロファイル
    — Apple Developer Enterprise Programの場合はIn-Houseプロビジョニングプロファイル
    プロビジョニングプロファイルを設定すると、開発したアプリケーションをAppleデバイス上で起動し、アプリサービスを利用できるようになります。プロビジョニングプロファイルがない場合は、プロビジョニングプロファイルを作成する方法をご覧ください。その他のプロビジョニングプロファイルの詳細については、OutSystemsが提供しているMediumブログ記事、「複雑なネイティブモバイルアプリ署名への対応」」をご覧ください。

また、アプリを配布目的でApp Storeに提出するには、Mac専用のアプリケーションであるApplication Loaderを実行する必要があります。このアプリケーションは、OS X 10.9以降のバージョンのMacで利用可能であり、Appleから最新のXcode開発IDEをインストールすることにより入手できます。

iOSアプリパッケージ(IPA)の生成

モバイルアプリのリリース(最終)版は、Service StudioまたはService Centerで生成できます。

Service Studioを使用するには、以下の手順を実行します。

  1. モバイルアプリケーションパッケージを生成したいモバイルアプリケーションのアプリ詳細画面に移動します。[Native Platforms]タブを開きます。
  2. すでにiOSアプリを生成している場合は、[Configure iOS App]ボタンまたは[iOS cog icon]ボタンをクリックします。
  3. Build type]ドロップダウンメニューで、[App Store](Apple Developer Programの場合)または[In-House](Apple Developer Enterprise Programの場合)を選択します。
  4. OutSystemsが割り当てたデフォルトのアプリ識別子をそのまま使用するか、独自の識別子(com.domain.appnameなどの逆引きドメイン名表記に合致)を入力します。
  5. 適切なタイプ(「はじめに」参照)の証明書とそのパスワードを提供します。証明書のファイル拡張子は、「.p12」にする必要があります。
  6. 適切なタイプ(「はじめに」参照)のプロビジョニングプロファイルを提供します。プロビジョニングプロファイルのファイル拡張子は、「.mobileprovision」にする必要があります。
  7. Generate App]をクリックします。

アプリ生成が完了したら、デバイスを使用してQRコードをスキャンするか、生成されたインストールリンクをコピーして、生成されたiOSアプリをインストールします。生成したIPA(アプリパッケージ)をダウンロードする必要がある場合は、Service Centerで以下の手順に従ってください。

Service Centerを使用するには、以下の手順を実行します。

  1. 該当する環境のService Center(https://<environmentdomain>/ServiceCenter)にアクセスします。
  2. Factoryに移動して[Applications]タブをクリックし、アプリケーションのリストからアプリケーションを開きます。
  3. [Native Platforms]タブを選択し、iOS用の[Configure]リンクをクリックします。
  4. Build type]ドロップダウンメニューで、[App Store](Apple Developer Programの場合)または[In-House](Apple Developer Enterprise Programの場合)を選択します。
  5. OutSystemsが割り当てたデフォルトのアプリ識別子をそのまま使用するか、独自の識別子(com.domain.appnameなどの逆引きドメイン名表記に合致)を入力します。
  6. 適切なタイプ(「はじめに」参照)の証明書とそのパスワードを提供します。証明書のファイル拡張子は、「.p12」にする必要があります。
  7. 適切なタイプ(「はじめに」参照)のプロビジョニングプロファイルを提供します。プロビジョニングプロファイルのファイル拡張子は、「.mobileprovision」にする必要があります。
  8. Save]をクリックして設定を保存します。
  9. Generate]をクリックし、アプリが生成されるまで数分間待ちます。

アプリが生成された後、バージョン情報の近くにあるダウンロードアイコンをクリックして、iOSアプリパッケージ(IPA)をダウンロードします。

App Storeへのモバイルアプリ提出

Apple Developer Programに登録している場合のみ利用可能です。

IPA(iOSアプリパッケージ)を生成してダウンロードした後、App Storeに提出できます。App Storeで入手可能になる前に、Appleによる審査のためいったんアプリが保留されます。ご注意ください。

アプリをApp Storeに提出するには、以下の手順を実行します。

  1. AppleからApplication Loaderアプリ(OS X 10.9以降のバージョンで動作しているMacでのみ使用可能)を入手します。Application Loaderは、App Store経由での配布向けにアプリを作成・提出するためのAppleツールであり、iTunes Connectの「リソースとヘルプ」セクションでダウンロードできます。ご利用のMacにXcodeがインストールされている場合は、Xcodeアプリから直接起動できます。
  2. Application Loaderアプリを実行し、Apple IDおよびパスワードを入力します。
  3. Deliver Your App]オプションを選択します。
  4. 要求に従って生成したアプリパッケージファイル(IPA)を提供し、Application Loaderの指示に従ってアプリ提出を完了します。

Android用

はじめに

  • 開発したアプリをGoogle Playストアで公開するには、開発者アカウントを持っている必要があります。アカウントがない場合は、Google Developerアカウントを新規作成してください。

Androidアプリパッケージ(APK)の生成

モバイルアプリのリリース(最終)版は、Service StudioまたはService Centerで生成できます。

Service Studioを使用するには、以下の手順を実行します。

  1. モバイルアプリケーションパッケージを生成したいモバイルアプリケーションのアプリ詳細画面に移動します。[Native Platforms]タブを開きます。
  2. すでにAndroidアプリを生成している場合は、[Configure Android App]ボタンまたは[Android cog icon]ボタンをクリックします。
  3. Build type]ドロップダウンメニューで、[Release]オプションを選択します。
  4. OutSystemsが割り当てたデフォルトのアプリ識別子をそのまま使用するか、独自の識別子(com.domain.appnameなどの逆引きドメイン名表記に合致)を入力します。
  5. キーストアを選択し、モバイルアプリに署名し、パスワードを入力します。Androidアプリに署名するキーストアを持っていない場合、キーストアを作成する方法をご覧ください。
  6. 使用する秘密鍵/公開鍵ペアの別名およびパスワードを入力します。必ずキーストア作成の際に生成された別名を使用します。
  7. Generate App]をクリックします。

アプリ生成が完了したら、デバイスを使用してQRコードをスキャンするか、生成されたインストールリンクをコピーして、生成したAndroidアプリパッケージ(APK)をダウンロードします。

Service Centerを使用するには、以下の手順を実行します。

  1. 該当する環境のService Center(https://<environmentdomain>/ServiceCenter)にアクセスします。
  2. Factoryに移動して[Applications]タブをクリックし、アプリケーションのリストからアプリケーションを開きます。
  3. Native Platforms]タブを選択し、Android用の[Configure]リンクをクリックします。
  4. Build type]ドロップダウンメニューで、[Release]オプションを選択します。
  5. OutSystemsが割り当てたデフォルトのアプリ識別子をそのまま使用するか、独自の識別子(com.domain.appnameなどの逆引きドメイン名表記に合致)を入力します。
  6. キーストアを選択し、モバイルアプリに署名し、パスワードを入力します。Androidアプリに署名するキーストアを持っていない場合、キーストアを作成する方法をご覧ください。
  7. 使用する秘密鍵/公開鍵ペアの別名およびパスワードを入力します。必ずキーストア作成の際に生成された別名を使用します。
  8. Save]をクリックして設定を保存します。
  9. Generate]をクリックし、アプリが生成されるまで数分間待ちます。

アプリが生成された後、バージョン情報の近くにあるダウンロードアイコンをクリックして、Androidアプリパッケージ(APK)をダウンロードします。

Google Playストア経由でのモバイルアプリ配布

アプリ生成が完了したら、デバイスを使用してQRコードをスキャンするか、生成されたインストールリンクをコピーして、Androidアプリパッケージ(APK)をダウンロードします。その後、Google Developerアカウントにアクセスしてモバイルアプリをアップロードします。

  • Was this article helpful?