Skip to main content

 

Webインターフェイス

 

 

OutSystems

Wait for Message

エンドユーザーによって送信されたSMSを待ち、SMS内で一致したコマンドに応じてSMSフローを次へと進めます。

プロパティ

名前 説明 必須 デフォルト値 備考
Name 画面、アクション、モジュールといった、定義されているスコープ内の要素を識別します。 Yes
Description 要素を文書化するテキスト。 文書化の際に便利です。
このプロパティの最大サイズは2,000文字です。
Is Frequent Destination [Yes]に設定すると、この要素がDestinationリストでクイックオプションとして表示されるようになります。 Yes No
SMSコマンド
Pattern 現在のパターンコマンドで一致させるパターン。 Yes
Destination 移動先の画面。 Yes
ロール
Role モジュールで使用可能なロールのリスト。現在のWait for Messageアクションを実行する権限が付与されているロールを選択できるます。 Anonymous
Registered
ApplicationUser
  • Was this article helpful?