Skip to main content

 

リファレンス

 

 

OutSystems

Logger

メッセージやエラーをログに記録するためのメソッドを提供します。「console.log」として使用しますが、Service Centerでもメッセージをログに記録します。

このロガーはconsole.logロガーとしてもサーバーロガーとしても機能し、Service Centerにログメッセージを送信します。オフラインの場合、ログメッセージはローカルストレージに一時的に保存され、オンラインになるとService Centerに送信されます。

概要

関数
error エラーをログに記録します。
log メッセージをログに記録します。

関数

エラー

error(module: 文字列, messageOrError: 文字列 | Error, [error: エラー]): void

エラーをログに記録します。

messageOrError引数とerror引数が両方指定されている場合、メッセージ情報(およびmessageOrErrorがErrorオブジェクトである場合はスタック情報)が区切り文字\nで連結されてログに記録されます。

例1:

try {
  // do some synchronous operations
} catch(e) {
  $public.Logger.error("MainModule", e);
}

例2(非同期コードのエラーログ):

yourClientAsyncAction().then(function() {
  // do some operations that can throw an error
}).catch(function(err) {
  $public.Logger.error("MainModule", err);
});

パラメータ:

  • module: 文字列
    ログに記録するモジュールの名前。
  • messageOrError: 文字列 | Error
    ログに記録するエラーまたはメッセージ。
  • (オプション) error: エラー
    エラーオブジェクト。

戻り値: void

ログ

log(module: 文字列, message: 文字列): void

メッセージをログに記録します。

パラメータ:

  • module: 文字列
    ログに記録するモジュールの名前。
  • message: 文字列
    ログメッセージ。

戻り値: void

  • Was this article helpful?