Skip to main content

 

OutSystems 10オンラインヘルプ

 

 

OutSystems

内部ネットワークを構成する

OutSystemsアプリケーションでは、特定の要素(Web UIフロー、公開SOAPサービス、公開REST API)へのアクセスを内部ネットワーク内でのみ利用できるように設定し、アプリケーションの他の部分は一般ユーザーが利用できるようにしておくことができます。

オンプレミス環境にのみ適用される手順です。OutSystems PaaSサブスクリプションについては、OutSystems技術サポートにお問い合わせください。

OutSystems環境の内部ネットワークを構成するには、以下の手順を実行します。

  1. OutSystems環境のService Center管理コンソールに移動します。

  2. Administration]セクションに移動して、[Security]タブを選択します。

  3. Network Security]領域を選択します。

  4. Internal network addresses]フィールドに、管理コンソールおよび内部アクセスのみとして定義されたアプリケーションのエンドポイントへのアクセスを許可するIPアドレスのリストまたは範囲を入力します。コントローラ、すべてのフロントエンドサーバー、監視ツールのIPアドレス/範囲が含まれていることを確認します。

  5. Apply]ボタンをクリックします。

[Apply]をクリックすると、Service Centerのキャッシュが無効になります。キャッシュが無効になったことを確認した後、環境内で実行中のすべてのアプリケーションで新しい設定が読み込まれます。

特定のOutSystems環境で内部ネットワークを定義した場合、以下のツールへのアクセスに影響を及ぼします。

  • 環境のService Centerコンソール
  • 環境のLifeTimeコンソール(構成が適用された環境がLifeTime環境である場合)
  • Service Studio、Integration Studio、OSPツールから環境への接続

誤った内部ネットワーク構成の定義によってService Centerにアクセスできなくなった場合、現在定義されている内部ネットワーク設定を構成ツールを使用して消去することができます。