Skip to main content

 

OutSystems 10オンラインヘルプ

 

 

OutSystems

SOAP Webサービスを利用する

OutSystemsは、WSDL 1.1およびSOAP 1.1でSOAP Webサービスを利用するための広範なサポートを提供します。

アプリケーションでSOAP Webサービスを利用するには、以下の手順を実行します。

  1. [Logic]タブで、Integrationsフォルダを開きます。

  2. SOAP要素を右クリックし、[Consume SOAP Web Service...]を選択します。

  3. 表示されたダイアログで、Webサービスの定義(WSDL)が存在するURLを指定します。

URLは、Webブラウザに入力する場合と同じ方法で入力する必要があります。

file:///<filesystem path to wsdl>を指定して、ファイルシステムからWSDLをインポートすることもできます。

注記: Service Studioを実行しているマシンからURLにアクセスできる必要があります。

SOAP Webサービスを利用する場合、OutSystemsは以下の手順を実行します。

  1. SOAP Webサービスを作成します。
  2. 対応する入出力パラメータを使用して、公開されたWebサービスメソッドを作成します。
  3. WSDLで定義された複合型を保持するストラクチャを作成します。
  4. XMLデータ型をOutSystemsデータ型にマッピングします。

モジュール内のSOAP Webサービス、Webサービスメソッド、パラメータ、およびストラクチャの名前を変更することができます。

OutSystemsでは、WSE(Web Services Enhancements)を直接サポートしていません。代わりに、EnhancedWebReferences APを使用して、Web Services Enhancementsによって提供される機能をサポートするロジックをアプリケーションに実装できます。

アプリケーションでSOAP Webサービスメソッドを利用する

OutSystemsは、Service Studioで作成したアクションと同じセマンティクスを使用して、SOAP Webサービスが公開しているメソッドをOutSystemsのアクションに変換します。

これで、アプリケーションで新しく作成されたメソッドを、他のサーバーアクションと同様に使用できるようになりました。

  1. Webサービスメソッドを使用するアクションフローに移動します。
  2. [Logic]タブで、IntegrationsフォルダとSOAP要素を開きます。
  3. SOAP Webサービスを開き、Webサービスメソッドをアクションフローにドラッグします。

  • Was this article helpful?