Skip to main content

 

アプリケーションを保護する

 

 

OutSystems

LDAP認証を構成する

LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)を使用してOutSystemsアプリケーションのエンドユーザーを認証することができます。

LDAP認証を構成するには、以下の手順を実行します。

  1. Authentication]ドロップダウンリストから[LDAP]を選択します。

  2. Default Domain]フィールドに、エンドユーザー認証を行うドメインを入力します。

  3. LDAP URL]フィールドに、URLを次の形式で入力します。

    ldap://<LDAPサーバー>:<ポート>/<ベース識別名>

    注記:
    Secure LDAPを使用する場合は、ldaps:// URLスキームを代わりに使用します。
    ldap://のプレフィックスはURLから省略することができますが、Secure LDAPを使用する場合はldaps://のプレフィックスを含める必要があります。

  4. 各フィールドにテスト用の資格情報を入力して構成をテストします。

  • Was this article helpful?